風俗で知り合った御徒町にいた人妻系デリヘルのエロ女史。

御徒町には、アメ横の並びに摩利支天を祭った徳大寺という日蓮宗のお寺がある。

小さい頃は、よくここに行ったね。

二木の菓子が近くにあって、そこでお菓子をちょろっと買って、階段を上ってちょっと食べて・・・という感じ。

東京の東地区、特にこの台東区あたりは、ごみごみしていて子供の遊び場なんかない感じだけど、探してみると結構なスポットがあるんだよね。

今だったら、そんなことせずにすぐにデリヘルに電話って感じなんだけどね。

子供の頃は、それですごく楽しかったし、家に帰って夕食がカレーだったりすると、もう大喜び。

いや~、あの時代にもう一回かえってみたいもんだとか思ってしまう。

これ、先日、御徒町人妻系デリヘルのJさん(34)とお話した内容。

Jさんは、人妻系デリヘルに勤めているものの、人妻ではない。

まあ、人妻系・・っていうんだから人妻ではなくてもいいわけだからね。

1年ほど前に離婚がようやく成立して、で、今はバイト的にデリヘル嬢をやっているという話。

身の上話ができるほど仲良くなったのは、ここ半年の間に6回ほど指名したから。

なにせ、とにかく床上手なんだよね、Jさん。

ルックスは中の上と言ったレベルなんだけど、ちょっと腫れぼったい唇と大きな目がエロエロなタイプ。

「小学生の頃からエロい顔って言われてた」という典型的なエロ顔。

フェラもとてもうまいし、感じやすいということが一番で、指名して即気に入ってしまったわけ。

この話は次回も・・・